読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SF官能的小説「メビウスの輪」

西暦3000年。ここ、地球は人間たちの身勝手な度重なる環境破壊の末に凄まじく過疎化し、総人口数は現在、約3572人であった。
何故ならほかの人間たちは皆、他の星々へと移住していたからである。
地球を愛してやまない男がここに一人、名前をサタムと言った。
サタムは今年でちょうど30歳。彼は生涯を添い遂げるパートナーが是非とも欲しいと想っていた。
そのために人類に非常に重要なツール(道具、手段、Tool)がある。
その名は「U magnet(U磁石)」。みなはこのツールを略して「U(ユウ)」と呼んでいた。
何故このツールが人類に至って大切であるのか、それはこういう訳である。
例:ここに一人の例を挙げよう。さきほど紹介した男、サタムである。
サタムはパートナーが欲しくなり、パートナーを探す旅に出た。
しかし地球を愛する彼は人口の著しく減少したこの地球で探して見つけることに決めた。
どこの星でも「Money(お金)」というものがなくなっていたので、ここ地球でもどこへでも好きなだけ無料で旅することができる。
サタムはまずはどこに旅行をしようかなと考えて気に入っている”Japan”に旅をすることに決めた。
外国語はまだ完璧に話せるわけではなかったが、脳内にインプットした”自動翻訳機”のおかげで自分の言葉は瞬間的に相手の脳内に翻訳した言葉で伝達される。今の時代この”自動翻訳機”をインプットしていない人間は無に等しい。何故なら”国”というものはただの土地と文化とその名前だけのもので、どの人種も好きにあらゆる国に住めたので周りはどこもかしこも外国人だらけであったからである。
ロシア人であっても自分は日本人になりたいと願えばすぐに役所へメールを送って役所から承諾のメールを確認するだけで簡単に名乗ることが許された。これは前世の記憶を思い出してしまう人が増えてきたため、前世では日本人だったのに現世ではロシア人というのがどうも違和感だという人が多くいる理由からでもあった。
また自分がどの人種であるか、秘密にする権利も自由にあった。人種差別問題はまだあることにはあったが、それでも1000年前よりかはだいぶとなくなってきていると言われている。
サタムは自分の国にこだわることが嫌になったため、自分の国籍を秘密にしている一人であった。
自分が分析されるのも嫌だったし、他者を土地柄で分析するのも嫌だった。
彼は珍しく今の時代において孤独な人間であったと言えるだろう。
お金も無理強いする仕事もない時代に、好きなように暮らすことのできるこの地球で、彼は何故、孤独であったのか。
彼は”母親”を知らない男だったから?
それともまだ”女”を知らない男だったから?
”本当の幸福”というものを、”本当の恍惚”というものをまだ知らなかったから?
いいえ、NO.彼を分析するのはやめてあげましょう。
彼は分析されるのが、なによりも嫌な人間なのです。
サタムという世に珍しい孤独な男を、これから男が経験するすべてをあたたかく見護ってあげましょう。
彼は日本に到着しました。約、37分で。瞬間性移動機のおかげです。文明様様ですね。
このたった37分が、アルバム一枚も聴き終えられるかどうか危ういというこの短い時間がこの時代の人間たちには不満でした。
「どこが瞬間性移動機だ?まったくネーミングとビークル(乗り物、Vehicle)の意義が違うなんて、なんて馬鹿げた製品だろう」そう言いながらも特に会社に意見を言わずに黙って使っている人たちばかりでした。
サタムはなんの文句も言わずに使っているようないつの時代においても模範的な人間でした。
そうです。彼は可笑しいほどに、笑ってしまうほどに”善人”であったのです。
彼の名前のローマ字のつづりは「Satan」でしたので、子供のころからよくからかわれて嗤われてきました。
彼はそのためにか、ラベルで分析されるのが耐えられなかったのです。
先ほども、隣の席に座っていた少年”らしき”人物が彼のかけていたヘッドフォンを勝手に取って、「これ、誰?」と訊いてきたので、「これは2011年のBibioの”マインドボケ”っていうアルバムです」と答えたら「ずいぶんと”古い”音楽聴いてんだね」と言って笑われてしまいました。
しかし1000年も昔の音楽がまったく古さを帯びていないことにサタムはいつも聴くと感激しています。
サタムはそういえば、こないだこんなことを同僚から言われました。
「きみってなんだか、”A.I.人工知能)”みたいだよね」
あんまりにも善人だからそう言われてしまったのでしょうか。
それとも彼はほんとうにどこか、A.I.っぽいのでしょうか。
彼はいつもの優しい微笑で返しましたが、内心、ひどく落ち込みました。
自分は本当に生きているのかとさえ疑って悲しみつづけました。
嗚呼こんなときに、人生のパートナーが側にいてくれたなら、きっとなんてことないと笑って暮らせるのだろう。
彼は心の底から、生涯ずっと愛し合えるパートナーと出会えることを願いました。
さて、日本に到着してサタムはまずどこへ向かおうか悩みました。
もう、いいか、この「U」をONしちゃおうかな。とサタムは想いました。
それほど彼の心は寂しさに震えて焦っていたということです。
彼は、まだ一度もONしたことのないこの「U」という人類必須ツールを人生で初めて、ONしました。
さあ、我が愛なる対象に向かって、我を導けよ!そうサタムは心で叫びました。
そうです。自分の求める対象のいる地点に向かって、導くもの、それがまさにこの「U」というツールです。
ちょうど片手と同じほどの大きさのU字磁石の形をしていますが、その表面はまるで人間の表皮とまったく同じに見えますし、また感触も体温も人間の肉体とほぼ同じです。
二つに分かれた極の片方はS極でもう片方はN極です。
この「U magnet」というツールは今の時代、もうほぼすべての人が持っているものです。
何故かって、地球人のすべては、ある器官が退化し、もう使えなくなってしまったからです。
それはひとつの進化形態の”変態”ですが、この進化を良く思う人と悪く思う人たちは未だに言い争いつづけています。
その器官とは、人類にとってどれほどの大事な部分であったのでしょうか。
人類は最早、この「U」なくしては子供を生みだすことのできない存在と成り果てたのです。
この「U」はまさに、人間の”生殖器官”の代替器官(ツール)でした。
女は子宮と卵巣の機能を失い、男は精巣の中は空(カラ)になってしまいました。
人類が生殖機能を喪って約127年。
それでも哀しいのが、女は月に一度下腹部を痛めることが稀にあり、男もまた稀に夢精をすることが起こるということです。
何故このようなことが起きるのかは、宇宙の秘密でしょう。
腕や足を喪った人が、脳内の機能によってあたかも腕や足があるかのように感覚を戻すことはよくあることです。
人類はこの「U」というツールによってでしか、子孫を増やしていけなくなりました。
この「U」は人間の生殖器官すべてと繋がることのできる画期的で素晴らしい神のツールです。
だからもうそれは、自分の身体、肉体の一部であるといってもいいでしょう。
そして同時に、自分の最も求めるパートナーを探し出してくれて引き寄せてくれるツールでもあるのです。
サタムはこのような素晴らしいツールをまだ一度も使用したことがありませんでした。
自分に自信がなかったから?
女性恐怖だったから?
やめてあげましょう。彼を詮索するのは。
死んだ蛾の羽のように繊細で傷つきやすい彼のことです。彼は恋愛によってさらに深い傷を経験することを避けていたと言えるでしょう。
そう、サタムは女性というものに対して、あまりにも求めるものが大きすぎたため、それを失うことを恐れてこれまで恋人を持ったことがなかったのです。
彼はしかし限界に来ていました。
どうしても自分を認めてくれる女性という存在を切実に求めずにはおれなくなったのです。
親は既に他界して、趣味といえば家の中で音楽を聴いたり本を読んだり映画を観たり、本当の友人と呼べる存在は一人もいませんでした。
家でいつも凝ったベジディッシュを作ってすごく美味しくできても、いつも食べるのは独り。
彼はいつも「美味しい!」と思って食べて美味しいお酒を飲んだ後、パソコンのモニターを眺めながら目をしばたたかせてさびしさを噛み締めて飲み込みました。
自信がない、確かにその通りです。サタムはそう想いました。
サタムは右手に握った「U」をじっと凝視しました。まだなんの反応もありません。
適当に歩いてきましたが、ここはどこなのでしょう。
近くに綺麗な川が流れています。
地球の何処も、都市部のような建物が立ち並ぶ地域はごく限られていてほとんどが自然の豊かな場所なので別段珍しくもなんともありませんが、何かここには独特な空気が流れているとでもいうか、空間に流れている波動がいつもと違うように想いました。
サタムは特に何の変化も起きない「U」に心配になりました。
まさか壊れてしまっているなんて、そんなことはないでしょう。
あってはなりません。そのようなことは・・・・・・。
サタムは青褪めた顔をして念のため「U」のON/OFFを繰り返しました。
ON/OFFを何度もしながらサタムは目の前の川に視線が行きました。
そこに何かが動いているように見えたのです。
それがいったいなんであるかを捉えようと目を凝らして見つめ続けながらサタムは無意識でON/OFFを繰り返していました。
それがなんであるかを捉えた瞬間、驚くことが起きました。
全身がスパークして目がぱちぱちと音を立てるかのように振動してふと「U」を見ると「U」も同じように激しい振動で震えて川にいる”存在”に向かってものすごい力で引きつこうとサタムの”心”を引っ張ったのです。
しかしサタムはここで相手に近づくのは理性と倫理に反していると想い、「U」をOFFにしました。
”彼女”は、何故かこんな人目のつきやすいところで、川で裸になって泳いでいたのです。
しかし、果たして相手は本当に”彼女”だろうかとサタムは想いました。
髪は短くどこか少年っぽさのあるその”中性的”な顔はサタムにとってとても魅力的でした。そしてその胸はとても小さくとも確かに膨らみがあることを認めましたし、お腹の下には自分と同じ”もの”が付いていないように見えました。
でもそんなこと、この時代になんにも珍しいことではなかったのです。
性移植も性転換も自由に無料で行なえる時代だったのですから。
サタムは本人に直接確かめることは気が引けました。
相手の心を傷つけることが怖くてならなかったのです。
ただじっと、木の陰から駄目なことだとは想いつつも”彼女”らしき存在のその裸を時も忘れて眺めてしまいました。
サタムは知らぬうちに自分の下腹部が猛烈な勢いで起動していることに気づきましたが、それでもどうにも引きつけられて観ることをやめることができません。
「U」は、絶対に引きつける存在を裏切りません。つまり相手も同じように自分に引きつけるものがしっかりとある場合だけ作動するのです。
だから「U」が作動したということは、それは”両想い”であることの証明なのです。
しかし、その相手が稀に、自分はヘテロであるのに相手は”同性”であるときもあるという”都市伝説”があります。
うら若い女性がこのような場所で裸で泳ぐだろうか。
法のない時代に、犯罪は劇烈に減ったと言えども襲いかかってくる男がいないわけではあるまい。
サタムは打ち寄せる不安のなかにも強く反応し続ける自分の身体に恥ずかしさを覚えた。
すると”彼女”はようやく川から上がり、岸に置いていたタオルで身体を拭いて衣服を着こみだした。
まるでお風呂から上がってさっぱりとした様子で彼女のどこかに”異様”さも”異常”さも感じられなかった。
サタムは木の後ろに隠れてどうしようかと困惑した。
今、彼女の前にでてゆけば、自分がここから覗いていたことを彼女は気づくのではないだろうか。
いや、もうすでに気づいているかもしれない。我も忘れてじっとその生まれたままの姿を見つめてしまったのだ。
そないだにも”彼女”はその場からすたすたと立ち去ろうとしていました。
サタムは彼女の後姿に一生の願いを託して「えい、ままよ!」と心で叫ぶと「U」をONしました。
すると「U」はまたもや激しく振動してサタムの全身も奇妙な感覚に陥ってサタムの身体すべてが自分の願いで出来ているような錯覚を覚えました。
そのとき、彼女がサタムを振り返りました。
その様子がまるでスローモーションだったことは言うまでもありません。
サタムの人生を懸けたせつなるすべての願いが今この瞬間に叶うか砕けるかという瞬間に感じられたことでしょう。
しかし彼女は振り向いてサタムにこう言ったのです。
「あれ?きみ、さっきの人だよね?なにしてるの?こんなところで」
そう彼女は言って少年のように笑ったのでした。
サタムはびっくりしました。その声は確かに、さっきの”瞬間的移動機”の中の席で隣り合わせて自分のヘッドフォンを取り上げた無邪気な”少年”らしき人物の声だったのです。
でもあの時、相手は1970年前半にフィンガー5がかけて流行っていたような大きなまん丸のサングラスをかけていて、喋り方も少年のようだったので”女性”だとは想わなかったのです。
まさかあのときの人間だったとは想いもしませんでした。
相手は少年だとばっかり想っていたので惹かれなかったのでしょうか。
でも目のまえの彼女はさっきも今も、自分と惹きあっているという様子はこれっぽっちもありません。
おかしいな、「U」が引き合う存在とは「U」を起動しなくとも引き合う存在であると言われているのだがな・・・・・・。
ほんとうは彼女は自分に対してさっきも今もすごく惹かれていてそれを隠すのが上手なだけかもしれない?
サタムは彼女の深層心理を読み暴こうとしている自分に後ろめたさを感じました。
しかしその気持ちも彼女の次の言葉でどこかへ飛んでゆきました。
「きみさ、さっきぼくの裸をずっと見てたよね?観るのは別に構わないんだけどさ、そのきみの”U”、故障してるんじゃないかな」
サタムは言われた瞬間、ぼっと顔が耳まで真っ赤になりました。
やっぱり気づかれていたのです。彼女のその目をこうして正面から見つめると魂の底の底まで見抜かれているような鋭い目をしています。
どう言えばよいかわからなくなりサタムは目を伏せて黙り込んでしまいました。
すると彼女がサタムに近づいて彼のその顔を下から覗き込みました。
「恥ずかしがることはないよ。そんなにぼくの裸が見たいなら、もっと見せてあげてもいいけど?」
彼女はそうサタムに向かってにやにやとしながら言いました。
まるで若い少女に馬鹿にされているかのような感覚になりました。
それとももしかしてほんとうに彼女は性転換か性移植した”少年”なのでしょうか。
女性が持っていると思える”恥じらい”というものがないようにサタムには想えました。
サタムは「故障している」と言われた「U」を見つめながら声を振り絞って答えました。
「もし、このわたしの”U”が故障してしまっているとしても、わたしがあなたに惹かれていることに違いはありません。あなたは、”U”を今持っていますか?」
そう言って彼女の持っていた鞄に視線を向けました。
彼女は首を振って言いました。
「持ってないよ。あんなもの。持ったことなんてない。これからも、持つつもりなんてないよ」
この言葉にサタムは衝撃を覚えました。
「U」を持たないということはつまり、生殖器官を必要としないということで、自分の子孫を遺すという考えがこの”女性”にはまったくないということだからです。
サタムは心のどこかで、「自分は実は男で性転換したんだ。だからきみには興味もない。きみをからかうことが面白いから嘘をついたんだ」という言葉を待ちました。
でも彼女はサタムの目を見つめて心のうらを捉えようとしているばかりで何の言葉も続けませんでした。
「わたしは、わたしはそれでも、あなたを是非、わたしのパートナーとして迎え入れたい」
サタムは打ち震える声でそう彼女に告げました。
彼女は真面目な顔でこう答えました。
「自分の名前さえまだ教えてないのに?」
サタムは酷く自分の不甲斐無さに落ち込みました。
愛を告白することに、自己紹介が必要なものとは知らなかったのです。
「わたしの名前は・・・」
「サタム。そうだろう?ぼくの名前は”ナマ(Nama)”。ギリシア語で”流水”。よろしくね」
なぜ自分の名前が彼女にわかったのでしょう?
「ナマ。わたしはナマのことを・・・」
「愛しています」
ナマはそうサタムが言おうとしていた言葉を代わりに言いました。
サタムの耳に、川の水が流れる音だけがずっとしていました。

サタムはナマをほんとうに愛しているようです。
でもナマは、ナマはほんとうに、サタムを愛しているのでしょうか?
サタムはナマと会うたび、そう想っては心を痛めましたが、それでもナマと共に過ごす時間がどれほどの喜ばしい時間であったかは、いつもナマがおうちへ帰るときに流す彼の涙が証明しているようです。

ナマはとても不思議な”女の子”です。
なぜサタムの気持ちをいつでもわかっているのでしょう。
彼女は特殊能力を持ち合わせた人間であることは確かです。
サタムはナマに出会うまで、愛する人と交わり、自分たちの子孫を生みだして受け継がせてゆくことこそ人間の一番の喜びであるのだと想っていました。
でもナマは、「U」を持っていません。サタムと出会っても、その気持ちに変わりはないようです。
サタムはどのような手段であってもナマと交わりたいと願いつづけました。
しかしナマはそれすらも望んではいないようです。
ナマは人間のごく自然な本能である”性欲”を持ち合わせていない人間なのでしょうか。
まるでナマは、まだ性に目覚めない幼な子のようです。

でもある日、ある日、奇跡が起こったのです。
ナマが朝早くとつぜんサタムの家(ナマのおうちの近所に引っ越してきた)にやってきて、こう言ったのです。
「サタム!ナマはついに、”U”を手に入れたよ。きみと交わって、生殖行為を行なうためにね。さあ今から、このぼくの生殖器官とサタムの生殖器官”U”で繋がろうよ」
サタムは喜びのあまり涙を流しました。
そしていよいよ、サタムとナマは生殖を行なうため、互いに向き合って、約2メートル離れた場所の椅子に座って「U」を手に持ち、深呼吸して同時にONしました。
いったい、何が始まるのでしょう。
興奮してまだ何も始まっていないのにサタムは気を失いそうになりました。
そのときです。U字型の「U」のサタムのS極の先端になにか奇妙な変化が起き始めました。
なにかうねうねと動くものが顔を出したのです。
その形は男性器に似ているといえばその通りですが、それよりも亀の頭、いや、蛇の頭によく似ていましたし、またうねうねと動いて伸びていく様子は蛇の動きそっくりでした。
サタムは驚愕しました。これが、これがわたしの生殖器か・・・・・・そう思って初めて見るその自分の「U」の生殖器に目を見張りました。
そしてその蛇状のものはそのまままっすぐにナマの「U」のN極の先端部分へと伸びていくのかと思えばそうはならず、その身を一度大きく捻じるようにくねらせてナマの「U」のN極のほうへと伸びてゆきました。
自分のS極が自分の右手の方で、ナマのN極は彼女の右手の方でした。
ナマは恥ずかしがっているのか、目を伏せています。
サタムはナマとまだ繋がってもいないのに早くも絶頂に達しそうな勢いで恍惚感が半端ありません。
生殖器である蛇はナマのN極に辿り着こうとしていました。
ここで、大きな壁にサタムの生殖器はぶち当たりました。
何故って、ナマのN極の先端部分が閉じたままだったからです。
これではナマの生殖器官内部へと入ってゆくことが叶いません。
サタムは心のうちで烈々たる叫びで懇願しました。
「ひらけ!ナマのN極よ!わたしを受け容れてください。どうか、どうか、開いてください。ナマの生殖器官よ。開けゴマ!Open Sesame!イフタフ・ヤー・シムシム!内はほらほら、外はすぶすぶ!ゼムジの山や、ゼムジの山や、ひらけ!ポ・ウイン!Come on!Come on!ポ・ウィン!」
渾身を振り絞ってサタムはそう神に唱えつづけた。
すると辛抱が切れたのかサタムの生殖器官はナマのまだ閉じたままの生殖器官部へ入ってゆこうと奮闘しだした。
サタムは我が生殖器官の先端部に向かって心うちで思い切り叫んだ。
「こら!早まるのをやめなさい!そんなことをしたら、ナマが痛がるではありませんか。やめなさい!我が生殖器官よ!わたしの”蛇”よ!」
しかしサタムの蛇は無理矢理にもナマの生殖器官の中へと入り込もうと必死にもがき始めた。
サタムはとにかくナマが痛くないことをひたすら祈った。
ナマは終始顔を伏せたままで痛がっているのか我慢しているのかどうかもわからない。
しかしここで声をかけるなら、ナマの集中力が途切れてしまって余計に失敗する可能性がある。
サタムはじぶんの「U」を握りしめて今度はナマの生殖器官部がとにかく潤うことを祈った。
そうだ、先に潤わなければ開かないのかもしれない。
サタムはじぶんが女性の生殖器官に関して何の知識も学んでこなかったことを猛烈に後悔した。
「どうか・・・どうか潤ってください。ナマのN極よ。どうかその川に水が流れ出しますように。粘液を伴った泉が湧きだすように。わたしを受け容れるために・・・」
そのときである。
サタムの願いが届いたのか、ナマの身体は潤いを見せた。
だがその器官は、サタムの願った場所ではなかった。
ナマが潤いを見せたのは、その両目であったのである。
ぽたぽたと、いくつもいくつもの水滴がナマの「U」のちょうどN極の先端部の上に落ちた。
涙が出るほどに痛いのだろうか・・・?サタムは気が気でなかった。
しかしそのとき、サタムのS極はナマのN極の中へと深く入っていった。
とうとう念願の穴が開いたのである。
サタムはその瞬間、あまりの恍惚の快楽に言葉のすべてを失った。
哀しいかな、ナマの止まらぬ涙を気にすることさえできないほどの快楽の海に溺れてしまったのである。
ナマを心から愛しているからこその快楽だとわかっているのにナマの苦しみを忘れてしまうことのこの哀しみを感じながらもその哀しみがこの恍惚に打ち勝つことが出来なかった。
サタムは哀しみなのか喜びなのか意味の解らない涙が流れて止まらなかった。
ナマは痛みがより強くなったというように肩を揺らしていっそう激しく涙を流して落としだした。
二人で声もなく涙を流しながらふとサタムはナマのS極の先端部を見るとそこには異変が起きていた。
そこから自分のS極部から出てきた蛇のような形のものが同じように顔を出して覗いていたからである。
はたしてこの生殖器は自分のものがナマの生殖器官を通り抜けて出てきたものなのか、それともナマの生殖器官であるのかがわからなかった。
とにかくそのナマのS極部から出てきた生殖器は自分のN極部へと向かって伸びてきたのであった。
もうすぐ、もうすぐ繋がるぞ!そうサタムは叫びだしたいほどの歓喜のなか、ナマの生殖器であるようなそれを受け容れるため今度は自分のN極が開くことを祈った。
もうすぐ、もうすぐ繋がる。もうすぐわたしのUとナマのUの二つの極が繋がって輪になるぞ。
きっと輪になったなら、性交に成功するはずだ。
わたしの精子とナマの卵子の”受精”が成立する。
着く、あともうすこしだ、もうすこしで着く。がんばれ。がんばれ。がんばるんだナマのSよ。わたしのNよ、ナマのSを受け容れたまえ。
あと1センチだ。わたしたちは一体となる。ひとつとなって輪になるのだよ。
ナマ、愛している。

その瞬間に、サタムは目醒めた。
想いだした。自分はナマと繋がれないことに気を病んで、とうとう脳内リアリティプログラムによって叶えられない”現実的な夢(Realistic Dream)を観ていたのであったことを。
そばにナマが走って寄ってきた。
「サタム!どんな夢を見ていたの?すごく幸せそうだったよ」
そう言ってナマはまるで子供のように笑った。
その笑顔を見てサタムは抑えきれぬものが溢れ、椅子の肘掛に置いたナマの手の甲に涙を流した。
サタムはもう今年で、89歳であったが、ナマは一向にあれから年をとらないのである。
そう、彼女は、感情のある”A.I.人工知能)”を持ったヒューマノイド(humanoid)であったからである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

youtu.be