読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラハディーマとヒヒの子


豹が親ヒヒを襲い、その後子ヒヒに気づいた後に取った行動とは‥ - YouTube

 

 

 ・ラハディーマ(このメスのヒョウの名前)はヒヒの子を前に、何をすればいいのかわからず、ただ横に寝そべった

・ハイエナが獲物を狙ってやってきたが、彼女は仕留めた獲物を動かす前にまず、ヒヒの子を優しくくわえ、移動させた

・移動させたあとは獲物を護るのではなく、まるで赤ん坊を護るかのように、攻撃的な振る舞いでハイエナを追い払い、ヒヒの子のもとへ戻った

・まだ2歳と若いラハディーマの目にはヒヒの子のことはきっと奇妙に写ったであろうが、彼女は一時間とその赤ん坊から目を離すことはなかった ・そして奇妙なことが起こった。赤ん坊が彼女のあとを追いかけ、彼女に向かって手を伸ばすようになったのだ。インプリンティングによって彼女を代理母と思い込むようになったかのようだった

 

youtubeのコメント欄でナレーターの解説が翻訳されていた。

 

ライオンや豹といった肉食動物はまれに親が殺されたり群れからはぐれてしまった本来標的である動物の子供を保護することがあるらしい。

感動のあまり涙が出たが、このヒヒの赤ちゃんはこのあと寒さに凍えて死んでしまったようだ。

 

f:id:otoneru:20150530185716j:plain

 

f:id:otoneru:20150530185602j:plain

 

f:id:otoneru:20150530185756j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この豹の目、なんという愛情に満ちた眼差しなのだろう。

私はこの映像を見て、肉食動物も好き好んで動物を狩って食べているのではないと感じた。

肉食動物は獲物を狩れないと餓死してしまう、そのためやっと獲れた獲物がどれほど大事なものであるかをよくわかっているはずだ。

それなのにこのラハディーマという牝の豹は獲物よりもヒヒの子をハイエナから護るために移動させて、獲物を犠牲にしようとした。

獲物を犠牲にするとは、それは同時に自分の身よりもヒヒの子の身を優先させ、自分の身を犠牲にさせたことになる。

いったい何がこのラハディーマという若い牝の豹の本能に作用したのだろうか。

自分の身よりも優先させる本能を越えた愛情をなにゆえラハディーマはこのか弱きヒヒの子に抱いたのだろうか。

ラハディーマの過去はわからない。

もしかしたら過去に自分の子供を亡くしているのかもしれない。

それとも、過去に同じようなことがあって、その時ヒヒの子よりも獲物を優先させてハイエナに食べられてしまったことを後悔していたのかもしれない。

いったい何がラハディーマの心を動かしたのだろうか。

自分が生きることよりも、この他人と呼ぶべき他の種類の標的の子供の生を選んだラハディーマ。

何故そんな深い愛情でヒヒの赤ん坊を自分の子のように毛づくろってやったのか。

自分を犠牲にしてまで、何故ヒヒの子を。

なにゆえに愛したのであろうか。

そしてヒヒの子は、やがて自分の母親を殺した雌豹に向かって、その小さな手を伸ばしたのであった。